外壁材紹介

藤井建業オリジナルタイル FOタイル

FOタイル施工例外観1FOタイル施工例外観2FOタイル施工例外観3
水に浮く不思議なセラミックタイル!藤井建業オリジナルFOタイル
カラーバリエーションを一新!リニューアルしました!

超軽量セラミックタイル・高性能弾性接着剤工法

一般軽量タイル(薄手タイプ)より約50%も軽量化した藤井建業オリジナルタイル「FOタイル」は作業効率が高く、建物にかかる重量負担を軽減。また本物のタイルだからこそ紫外線による劣化、寒冷地の凍結、海沿いの塩害などが起こらないため、20年・30年先も自慢のタイルの住まいを実現します。さらに弾性接着剤工法は高い接着性と、建物の動きに追従する弾力性から、剥離等の心配が少なく、その安心の実績は阪神大震災でも実証されています。

FOタイルカラーチャート

カラーバリエーションも一新!FOタイル全8色、FOタイルみかげ全6色、計14色のラインナップ。焼成タイルのため焼き物独特の色むらがあり、本物の質感をかもし出します。FOタイル

3つの特長

1、超軽量 比重0.9 水に浮くセラミックタイル
1枚あたり約130グラム、1㎡あたり約8キログラムと一般軽量タイルの半分の重量。タイルの基材部分が発泡独立気泡のため断熱効果も高く、外断熱工法にも適しています。また軽量だからこそ状態によっては既存の下地を利用することも可能。安心の接着剤工法は憧れのタイルの住まいを身近なものにしてくれます。
2、耐久性 1,250度焼成セラミックタイル
1,250度焼成セラミックタイルの優れた耐久性、耐候性で紫外線や凍害に強く、色落ち・色あせなどもありません。焼き物だけが持つ本物の質感はいつまでも変わることがなく、歳月が経つ程に幸せを感じられる自慢の住まいを実現します。
3、施工性 独立気泡の基材・弾性接着剤工法
基材が気泡状のFOタイルは足場の上でも簡単に加工することができ、ロスが少なくすみます。また、作業性の高い弾性接着剤工法で施工するため、従来では考えられなかったお施主様と一緒の施工も可能となりました。

FOタイルなら既存の外壁材に合わせて施工方法を選べます

施工前に既存外壁を診断し、お客様の住まいに最適な方法でご提案します。

【例】
A、既存外壁を剥し、新規下地を造作する方法・・・

構造用壁下地材「ケナボードS」を施工し下地の全面改修を行ったうえで
施工することもできます。

既存外壁剥がし

新規通気構法下地施工

ベースサイディング施工


接着材塗布


FOタイル施工

B既存の外壁材を利用する方法・・・

必要に応じて既存外壁部分補修及び補強

接着材塗布


FOタイル施工

施工手順(接着剤工法)

10日~20日間の日数で施工できます。(使用する下地により若干の変動があります)

施工手順① 下地の検査・施工
下地材欠損箇所の補修または新規下地材施工。
施工手順② 接着剤の塗布
クシ目で塗厚を一定にした後、平滑面に仕上げます。
施工手順③ タイル貼り付け
タイルを一枚づつ貼り付けます。
施工手順④ 検査・完了
不具合が無いか検査し完成です。

施工事例

FOタイルの施工事例をご紹介しております。詳しくはこちらをご覧下さい。
FOタイル施工例

2009年9月18日(金)|この記事のURL